ヨルダン

2006年4月ヨルダンを訪れた。丁度ヨルダンの国花ブラックアイリスの咲く季節だった。
お隣のイラクでは新政府を建設しようとする臨時政府と、これを武力で阻止しようとするテロ集団との熾烈な戦いが行われているが、それが想像できないほどのどかな陽気だった。

ヨルダンの国花ブラックアイリスはやや紫がかっているが、殆んど真っ黒な花だ。
こんなに黒い花は珍しい。

この国は立憲君主国であり、比較的自由で宗教に縛られるようなことはない。さすがに食事に豚は出ないが、酒類は全く自由。スーパーには酒は売ってないが、専門のリカーショップがあり何でも売っていた。ビールの缶にはチャンとヨルダン製と書いてあった。

イスラム教徒が94%というのに女性たちも頭に布をかぶっているのは半分くらい。黒いマントのようなものを着ているのはごく一部のお年寄りだけだ。
また古いキリスト教会も文化財として大切にされている。